思い切った決断が大切!保存する写真の選び方

厳選した写真のみを残して他は削除する

最近はデジタルカメラの普及により、枚数を意識することなく写真を何枚も取るようになりました。普段から写真を撮っていると、膨大な量になってしまうのではないでしょうか。しかし、後で見直してみると、意外ともう一度見たくなると言う写真は少ないものです。

自分で撮った写真を見てみると、同じような写真が多く、似たような写真が多いものです。そのような場合には、ベストショットと思われる写真だけを残し、思い切って削除してしまうのが得策です。ポイントとしては、後でもう一度見たくなるような写真のみを残すのがおすすめです。

迷った時には写真のクオリティーにて判断する

データとして残しておきたい写真は、しっかりと被写体が映っているものだけ残したいものです。

どの写真を残すか迷ってしまった場合には、写真のクオリティーにて選択しましょう。たとえば、ピンぼけしていたり、切れてしまっていたり、ぶれているものなどは思い切って削除してしまいましょう。

また、人物を撮影したポートレートのような場合には、見切れていたり、目をつむっていたりした失敗作はすぐに削除してしまった方が良いです。

特に人物の写真の場合は、自然な表情であったり、しっかりとカメラ視線であったり等、写真を撮った時のことを思い出せるような写真を残しておくのが良いでしょう。

ダメな写真は思い切って削除する

デジタルカメラで撮影した写真はあっという間に膨大な量になってしまいます。あとで、見返したいと思っても見たい写真が何処にあるのか分からなくなってしまうことも多いです。そのため、これまで紹介した方法にて、厳選された写真のみ残すようにしましょう。

デジカメがあれば自分だけのフォトブックを作ることができます。子どもの写真を想い出としてフォトブックにまとめることができるので記念品になります。