機械式腕時計がもっている魅力と扱うときの注意点

機械式腕時計は高級なものが多い

機械式時計とはゼンマイ仕掛けで動く、数百年の歴史を持つタイプの時計です。50万円以上もする高級な腕時計のほとんどは機械式時計であり、機械式時計を持つということはファッションの1つにもになっています。

また、機械式時計は、腕の動きを利用して勝手にゼンマイが巻き上がる自動巻タイプの時計と、毎日手動でゼンマイを巻き続けることが必要な手巻式の時計の2種類があります。購入時はどちらのタイプなのかを確認してから購入するようにしてください。

機械式腕時計を使う上での注意点

機械式時計は、クォーツタイプの腕時計と比べると繊細な作りになっている時計なので、衝撃を与えないようにするなど取り扱いには注意が必要です。

1950年以降の機械式時計にはインカブロックなどの衝撃を吸収する機材を採用したことにより衝撃への耐久力は向上していますが、まだまだ完全ではなく、腕時計を付けたままゴルフや野球など腕を激しく動かす運動をしてしまうと時計の機能が故障して動かなくなることがあるので気を付けてください。

また、機械式時計は中の仕組みが複雑であるので3年から5年ごとにオーバーホールをする必要があります。

機械式腕時計のメリット

取扱いに注意が必要な腕時計ですが、正しく運用してメンテナンスやオーバーホールも欠かさずに行えば、数十年以上も使い続けることが可能です。

実際にロレックスの腕時計はムーブメントの生産終了から30年間経過した製品の修理に対応しており、オメガも1950年代に生産した機械式腕時計の修理を今も受け付けています。

オーデマピゲは、世界的に高評価を得ている腕時計メーカーです。高級感があり世界中から支持を得ている腕時計です。