緑のパワーで環境改善!壁面緑化の正しい扱い方

建物に壁面緑化を施すメリットと管理上の注意点

壁面緑化は建物の壁一面に植物を這わせた状態を指します。植物の葉や蔓によって日光が遮られ、建物の温度が急上昇するのを防ぐ効果があります。また、植物から放出される酸素が周囲の環境が改善させることから気温が上昇しやすい都市部で広く普及しています。建物の断熱効果が向上する利点がある他、おしゃれな外観を保つ効果もあるため近年では住宅でも広く用いられています。その一方で壁面緑化は害虫や病気などの不具合に見舞われると植物が枯れてしまい、断熱効果が無くなってしまう点を注意することが大切です。また、植物の蔓が電線や配管などの設備を損傷させる可能性もあるので無駄な蔓や葉を刈り取るなどの処置が必要になります。

壁面緑化を長持ちさせる工夫について

壁面緑化を行う際は成長が早い品種を植えるのが普通ですが、周囲の環境を考慮しないと枯れてしまうので注意が必要です。また、害虫や病気に見舞われる可能性もあるので頑丈で育てるのが簡単な品種を選ぶことを心がけます。特に寒暖の差が激しい地域は傷みやすい傾向があるので、素人判断は避けて専門業者などに作業を依頼するのが無難な対処法になります。壁一面に蔓を綺麗に這わせるためには適度に金具などで固定させる工夫が必要です。成長を促進させるためには無駄な枝や蔓を切り取り、肥料や水もこまめに与えるように心がけます。冬季に積雪がある地域では寒さに強く、季節を跨いでも新芽が出る品種を植え込むのが壁面緑化を長く続けるための条件です。

壁面緑化に取り組むことで、地球温暖化などの問題への意識を高めることができ、環境の保護につながります。