飼い主のエゴにあらず。愛犬の服を選ぶポイントとは

犬にも服が必要な場合

犬に服を着せるか否か、というのはよく議論されることです。中には「飼い主の我儘で着たくもない服を着せられてかわいそう」という意見の人もいます。しかし服を着せた方が犬のためになることもあるのです。

服を着せる一番の理由は防寒です。特にチワワやトイプードルなど、超小型犬や小型犬、細身の犬は被毛と脂肪が十分ではなく、寒さに弱い特徴があります。その他にも暑い地方にルーツがある犬種の中には寒さに極端に弱く、日本の冬がかなりの負担になってしまう犬もいます。そういった犬の場合、冬を乗り越える為に服は必須なのです。

また、抜け毛によって周囲に迷惑をかけないように服を着せている飼い主さんもいます。特に抜け毛が多い犬種の場合、服を着せることがマナーにもなるのです。

服を選ぶときのポイントとは

犬の服を選ぶときは、サイズをしっかりと確認する必要があります。「愛犬の体のサイズは頭に入っている」という人でも気を付けたいのが、服ごとのサイズを購入時に確認しておくという点。というのもメーカーやブランドによってサイズの基準が違うからです。小さすぎると動きの妨げになりますし、大きすぎると脱げて足に絡まり危ない場合があります。購入するときは必ずその商品のサイズを確認するようにしましょう。

犬はそもそも服を着る動物ではないので、服が苦手な場合も少なくありません。それでも着せなければならないときは、着せやすさを重視した服を選ぶようにしましょう。ポンチョ型の服は着せやすいので、そこから少しずつ慣れさせていくのもおすすめです。

犬の服を着せることはおしゃれという以外にも様々なメリットがあります。人間の服と同じように寒さから守る事もできますし、毛抜けを防ぐというメリットもあります。