飼い主のエゴにあらず。愛犬の服を選ぶポイントとは

犬にも服が必要な場合

犬に服を着せるか否か、というのはよく議論されることです。中には「飼い主の我儘で着たくもない服を着せられてかわいそう」という意見の人もいます。しかし服を着せた方が犬のためになることもあるのです。

服を着せる一番の理由は防寒です。特にチワワやトイプードルなど、超小型犬や小型犬、細身の犬は被毛と脂肪が十分ではなく、寒さに弱い特徴があります。その他にも暑い地方にルーツがある犬種の中には寒さに極端に弱く、日本の冬がかなりの負担になってしまう犬もいます。そういった犬の場合、冬を乗り越える為に服は必須なのです。

また、抜け毛によって周囲に迷惑をかけないように服を着せている飼い主さんもいます。特に抜け毛が多い犬種の場合、服を着せることがマナーにもなるのです。

服を選ぶときのポイントとは

犬の服を選ぶときは、サイズをしっかりと確認する必要があります。「愛犬の体のサイズは頭に入っている」という人でも気を付けたいのが、服ごとのサイズを購入時に確認しておくという点。というのもメーカーやブランドによってサイズの基準が違うからです。小さすぎると動きの妨げになりますし、大きすぎると脱げて足に絡まり危ない場合があります。購入するときは必ずその商品のサイズを確認するようにしましょう。

犬はそもそも服を着る動物ではないので、服が苦手な場合も少なくありません。それでも着せなければならないときは、着せやすさを重視した服を選ぶようにしましょう。ポンチョ型の服は着せやすいので、そこから少しずつ慣れさせていくのもおすすめです。

犬の服を着せることはおしゃれという以外にも様々なメリットがあります。人間の服と同じように寒さから守る事もできますし、毛抜けを防ぐというメリットもあります。

緑のパワーで環境改善!壁面緑化の正しい扱い方

建物に壁面緑化を施すメリットと管理上の注意点

壁面緑化は建物の壁一面に植物を這わせた状態を指します。植物の葉や蔓によって日光が遮られ、建物の温度が急上昇するのを防ぐ効果があります。また、植物から放出される酸素が周囲の環境が改善させることから気温が上昇しやすい都市部で広く普及しています。建物の断熱効果が向上する利点がある他、おしゃれな外観を保つ効果もあるため近年では住宅でも広く用いられています。その一方で壁面緑化は害虫や病気などの不具合に見舞われると植物が枯れてしまい、断熱効果が無くなってしまう点を注意することが大切です。また、植物の蔓が電線や配管などの設備を損傷させる可能性もあるので無駄な蔓や葉を刈り取るなどの処置が必要になります。

壁面緑化を長持ちさせる工夫について

壁面緑化を行う際は成長が早い品種を植えるのが普通ですが、周囲の環境を考慮しないと枯れてしまうので注意が必要です。また、害虫や病気に見舞われる可能性もあるので頑丈で育てるのが簡単な品種を選ぶことを心がけます。特に寒暖の差が激しい地域は傷みやすい傾向があるので、素人判断は避けて専門業者などに作業を依頼するのが無難な対処法になります。壁一面に蔓を綺麗に這わせるためには適度に金具などで固定させる工夫が必要です。成長を促進させるためには無駄な枝や蔓を切り取り、肥料や水もこまめに与えるように心がけます。冬季に積雪がある地域では寒さに強く、季節を跨いでも新芽が出る品種を植え込むのが壁面緑化を長く続けるための条件です。

壁面緑化に取り組むことで、地球温暖化などの問題への意識を高めることができ、環境の保護につながります。

エコ対策はソーラーシステムから屋上緑化へシフト!

自動給水装置があれば水やりは不要

屋上緑化は、庭の確保が難しい都市部を中心に流行っています。最近までは屋上にソーラーパネルを設置する家庭が多かったですが、電気の買い取り価格は下降傾向、ソーラーパネルを製造するまでに多大な自然破壊が行われていることが明らかになった今日、補助金を貰ってまで眉唾物のエコ対策は敬遠されています。屋上緑化はソーラーシステムほど汎用性は高くありませが、エコの観点ではソーラーシステムを凌ぎます。屋上緑化に最適な屋根は、コンクリート造りで平なこと、芝生を敷くことも出来れば、観葉植物など植木鉢を置いて緑化することも可能です。屋上に土を敷くとなると強度面で心配がありますが、土に代用するスポンジもあり、自動給水装置があれば水やりは不要、鳥や蝶々などが飛来するようになれば新しい種子が運ばれ、雑草取りも楽しく感じるほどです。

他人にも優しい屋上緑化

屋上緑化は一軒家に限らず、近頃はマンションやビルなどでも多く見られます。高度成長期には百貨店の屋上は遊園地が定番でしたが、現在は屋上緑化され癒やしスポットとして利用されています。東京を代表する繁華街にあるビルでは、屋上緑化事業の中で進められた養蜂がうまく行き、獲れたハチミツを使ったスイーツは人気を博しています。都心の学校は敷地内にグランドを持つことは容易でなく、屋上にグランドやプールを設置していることが多く、屋上緑化は理科の学習にも活かされています。先生が出勤しない休日は、近所の方が代わって水遣りすることが夏の風物詩でしたが、屋上緑化は自動給水が基本なため、夏の思い出は屋上緑化と共に変わります。

屋上緑化では、太陽の反射熱を抑えられるため、ヒートアイランドの抑制に効果的というメリットがあります。

機械式時計ビギナーが知りたい!日常ケアと数年ごとのオーバーホール!

日頃から自分でケアしましょう!

機械式時計は自分で行う日常からのケアが必要なアイテムです。まず、機械式時計を使用したら全体を軽く拭き掃除をしたり、防水機能が搭載されているアイテムなら時々は水で洗浄したりして清潔に使用できるようにしましょう。次に、スマホやオーディオなど磁気の発生する製品の近くで使用や保管を避けること。機械式時計は非常に繊細な金属部品で構成されており、ケース内部の部品が磁気を帯びてしまうと、精度に問題が出る場合があります。磁気帯びしても必ずしも壊れる訳ではありませんが、時計職人による修理やメンテナンスが必要です。また、機械式時計は高価なのでなるべく使わない方が良いと考えがちになりますが、長い間保管したままにしていると潤滑油の凝固などが起きる場合があります。頻繁に使用する方が潤滑油と部品のなじみが良くなり調子よく使用できるでしょう。ゼンマイの巻き上げ作業も毎日の習慣にして下さい。

数年ごとのオーバーホールは大切!

オーナー自身が行うケアの他に、プロによるメンテナンスも必要です。機械式時計は3年から5年ごとにオーバーホールに出します。日頃のケアをしていても、思わぬ部分からケース内部に皮脂汚れなどが侵入して錆を起こさせている場合や、経年による部品の劣化や潤滑油が乾燥している場合などに対応します。時計を分解して行うため、時計職人か機械式時計のメーカーに依頼する必要があるメンテナンスです。潤滑油・部品の交換や時計全体の掃除を主に行いますが、定期的に行うことで修理費の節約になります。新しく購入したアイテムであれば最初のオーバーホールは購入後3年目に行うと良いでしょう。時計の寿命に影響するメンテナンスなので忘れずに行いたいものです。

ブシュロンとは、フランスの高級宝飾品のブランドです。指輪やネックレスなどのアクセサリーや時計、香水などを扱っています。

買い取り価格アップ?機械式時計の手入れについて

状態の良い機械式時計は高く売れる

手入れの行き届いた機械式時計は長く使える上に、状態も良いので買い取り価格もアップしやすいです。もちろん最初から買い取りに出すことを前提で機械式時計を買う人は少ないでしょうが、お金に困って売りに出す可能性は考えられます。そして、どうせ売りに出すなら高く売れた方が良いですよね。

高く買い取ってもらうには日頃の手入れが重要、そこで今回は機械式時計の手入れのポイントについて幾つかご紹介します。

手入れの基本は拭くこと

機械式時計の手入れの基本は拭くことです。時計を使用する度に汗や皮脂などの汚れがベルトや文字盤のケースに付着しています。一見した限りでは汚れたように見えませんが、放置していると汗や皮脂が固まって汚れが取りづらくなってしまいます。なので時計を使用したら、メガネ拭きのような柔らかい布で時計全体を拭くように心掛けましょう。

ちなみに私は腕に直接触れるベルト部分と裏蓋を重点的に拭いていたのですが、買取に出した時に「裏蓋は綺麗だけど、文字盤のケースは少し汚れてますね」と言われてしまいました。こんなことにならない様に、時計全体を拭くのを忘れないようしましょう。

紫外線に晒さないようにする

機械式時計の手入れとしてもう一つ大切なのが紫外線対策です。本や漫画は直射日光に長期間晒していると日焼けしますよね。あれは日光に含まれる紫外線が原因なのですが、本や漫画の日焼けと同じようなことが機械式時計でも起こります。紫外線によって文字盤や針が変色したり、ベルトが変色したりするので注意が必要です。特に皮ベルトは金属ベルトに比べて変色・変形が起こりやすいそうです。ですから皮ベルトの機械式時計を使っている人は着用後はケースに入れるなどの対策が必要ですね。

パテックフィリップとはスイスの高級時計メーカーで、世界三大高級時計の 1つです。スイス政府及びジュネーヴ州の品質規定において最高級スイス時計の認証を受けています。

機械式腕時計がもっている魅力と扱うときの注意点

機械式腕時計は高級なものが多い

機械式時計とはゼンマイ仕掛けで動く、数百年の歴史を持つタイプの時計です。50万円以上もする高級な腕時計のほとんどは機械式時計であり、機械式時計を持つということはファッションの1つにもになっています。

また、機械式時計は、腕の動きを利用して勝手にゼンマイが巻き上がる自動巻タイプの時計と、毎日手動でゼンマイを巻き続けることが必要な手巻式の時計の2種類があります。購入時はどちらのタイプなのかを確認してから購入するようにしてください。

機械式腕時計を使う上での注意点

機械式時計は、クォーツタイプの腕時計と比べると繊細な作りになっている時計なので、衝撃を与えないようにするなど取り扱いには注意が必要です。

1950年以降の機械式時計にはインカブロックなどの衝撃を吸収する機材を採用したことにより衝撃への耐久力は向上していますが、まだまだ完全ではなく、腕時計を付けたままゴルフや野球など腕を激しく動かす運動をしてしまうと時計の機能が故障して動かなくなることがあるので気を付けてください。

また、機械式時計は中の仕組みが複雑であるので3年から5年ごとにオーバーホールをする必要があります。

機械式腕時計のメリット

取扱いに注意が必要な腕時計ですが、正しく運用してメンテナンスやオーバーホールも欠かさずに行えば、数十年以上も使い続けることが可能です。

実際にロレックスの腕時計はムーブメントの生産終了から30年間経過した製品の修理に対応しており、オメガも1950年代に生産した機械式腕時計の修理を今も受け付けています。

オーデマピゲは、世界的に高評価を得ている腕時計メーカーです。高級感があり世界中から支持を得ている腕時計です。

絶対によろこばれること間違いなし!東京土産3選

名物に旨い物なしはウソ!銘菓を選ぼう

有名なお菓子はやっぱりお土産の定番です。「あ、これ知ってる!」と話題にもできますので、ドのつく定番ではありますが、やはり銘菓が間違いありません。東京にはいくつもの銘菓がありますよね。さらに「東京駅限定」などの、付加価値が付くとありがたみも増すものです。わざわざ手に入れてくれた、行かないと絶対に手に入らない、という希少価値のあるものをチョイスしてみては?

意外に受ける?ガチャガチャやフィギュア

駅や観光地で、安価で手に入れられるのがガチャガチャやフィギュアと言ったオマケ系のお土産です。もちろんご当地ものですから、ちょっとしたお土産としても定番となりつつありますね。ただし、年配の方へのお土産にはちょっと向いていません。もらったはいいけどどうしたものか・・・とあつかいに困ってしまうこともあるでしょう。あくまで、「わかる」ひとへのお土産としてオススメします。

ご当地マスコットなど集めている方も少なくないので、事前情報があればぜひ入手してあげましょう。

定番外の地元のうまいもの

定番のお土産ものは、駅などでかんたんに手に入れることができますよね。一方で、東京は東京でも、ここでしか買えない!というような地元のうまいものは、流行に敏感なかたには非常に受けがいいもの。たとえば、雑誌で話題のパン屋さんの「食パン」とか、東京にここでしか買えない「チョコレート」など、物自体は珍しいものではないのですが、話題性が高く、わざわざ立ち寄らないと買えないもの、というのはとても喜ばれます。もちろん、その情報を知っている人ではないと価値が伝わらないので、「あげる人」を選びましょう。

カンパネラはイタリアの哲学者であり、ドミニコ会の修道士でもあります。著書に『太陽の都』、『形而上学』があります。

今さら聞けない!ブランド買取のこれだけは知っておきたいこと3選

どんなブランド品を買取してもらえるのか

ブランド品を買取しているお店は、全国各地に存在します。高級ブランドやカジュアルブランド、スポーツブランドやファストファッションブランドなどを買取してくれます。中には、高級ブランドや人気ブランドしか取り扱っていないお店もあります。スポーツブランドやファストファッションは、買取してもらえないお店もあります。そういう場合は、ブランド品以外の多様な買取品目がある、総合リサイクルショップに持込みをすれば、買取してくれることもあります。

ブランド品の買取方法とは

ブランド品の買取店では、店舗へ持込買取だけではなくて、宅配買取や出張買取に対応しているお店もあります。宅配買取や出張買取は、お家にいながら楽にブランド品が売れるので人気です。店舗で知り合いに見られたくないといった方や、忙しくてなかなか店舗に行けないといった方に便利です。また、複数の売りたい品物があれば、店舗に持っていくのも大変なので、宅配買取や出張買取を利用すれば、持ち運びをしなくてもよくて便利です。

保存状態で値段は変わるのか

ブランド品は、バッグ・洋服・財布・アクセサリー・など様々な品物を買取をしてもらえます。ですが、破れていたり汚れがひどかったりと、あまりにも保存状態が悪いと買取してもらえないお店もあります。新品に近いほど高く査定してもらえます。ですから、査定依頼をする前に、汚れやホコリを取っておきましょう。綺麗な状態で査定してもらうことで、買取金額はグンとアップしますよ。カバンやポケットも、ホコリやゴミが入っている場合があるので、しっかり確認しておくとよいです。

ブランド買取で成功したい方におすすめしたいのは、複数の業者に見積もりを依頼する方法です。見積もりは無料ですから、費用に関する心配はありません。